ウルトロンは怪しい仮想通貨なのか!?マルチ(MLM)で増えている投資を副業として考えている方へ徹底解説します!
MLM(マルチ)

ウルトロンは怪しい仮想通貨なのか!?マルチ(MLM)で増えている投資を副業として考えている方へ徹底解説します!

ウルトロンは怪しい仮想通貨なのか!?マルチ(MLM)で増えている投資を副業として考えている方へ徹底解説します!
takaha-shi
この記事でわかる事
  • 仮想通貨(暗号資産)ウルトロンとは?
  • ウルトロンの購入方法
  • MLMとして仮想通貨投資はどうなの?

こんにちは、タカハシです。

ここ最近MLM案件で情報が出回っているウルトロンという仮想通貨について徹底解説します。

ウルトロンのネイティブコインであるULX、ウルトロンの特徴、ガバナンス、開発状況、投資への注意点など解説していますので、投資を考えている方は読んでいただけると幸いです。

また、副業で仮想通貨(暗号資産)への投資を考えている方への、ちょっとした注意喚起となればいいかと思っています。

様々な方法でウルトロンをはじめ仮想通貨投資を勧誘されるかとは思いますが、リスクについてしっかりと知っておくことが重要です。

副業に興味のある方におすすめの副業や、怪しい副業情報の配信をLINEで行っています。

個別でご相談にお答えしていますので、興味のある方は、下記ボタンより是非ご登録をお願いします。

友達追加する

副業の悩みお気軽にご相談下さい。優良副業案件情報などお得な情報も配信しています!

安心して挑戦できる副業、優良情報の発信、危険な副業情報の共有もLINEにてはじめました!

このブログでは、悪質な副業詐欺に騙されないために皆さんが気になっているであろう副業を調査し、詐欺ではないか・怪しくないかなどを実際に登録検証した情報になります。

私自身が現状や将来への不安から手を出した副業が悪質な詐欺で負債を抱えた経験があり、今お金や副業にお悩みの方の気持ちがわかるからこそ、役立てるお話ができるのではないかと、LINEでの配信も始めました!

LINE登録をしているだけで、定期的に優良だと思える副業の情報も配信していますので、この副業なら稼げる!と思えるものがあれば、挑戦してみてください。

「この副業は安心?詐欺ではないですか?」「本当に稼げる副業はあるの?」様々な質問も頂いておりますが、必ず力になれるお返事を致します。なんでも頼ってくださいね!

登録しているだけでもお得な気持ちになれるLINE配信を行うつもりなので、LINE登録だけでもまずは気軽にどうぞ!

タカハシを友達追加する

PCから登録をされる場合は、LINE登録用のQRコードが表示されるので、そちらをスマホカメラなどでQRコードを読み取ってから登録をしてください。

スマホからの場合、一度LINEのログインン画面になります。その後下記画像が表示されるので「トーク」を押すと登録完了です。

私自身の、プロフィールに関しても書いておりますので、そちらは下記のボタンからご覧ください。

Contents
  1. ウルトロンは詐欺コインなのか?
  2. ウルトロンと言う仮想通貨について
  3. ウルトロンのネイティブコインであるULXとは何か?
  4. ウルトロンの技術的な特徴と言われる部分について調査してみた!
  5. ウルトロンのエコシステムにはどのようなアプリケーションがあるか?
  6. ウルトロンのガバナンスはどのように行われるか?
  7. ウルトロンのロードマップや開発状況はどうか?
  8. ウルトロンのメリットやデメリットについて
  9. ウルトロン(ULX)の購入方法
  10. ウルトロンの利用方法は?
  11. ウルトロンのコミュニティや情報源はどこ?
  12. ウルトロンへの投資の注意点や注意喚起
  13. ウルトロンの安全性
  14. ウルトロンをMLMから投資を行うのは辞めるべき
  15. まとめ

ウルトロンは詐欺コインなのか?

ウルトロンについては現状、「詐欺コイン」とは言えません。

しかしながら、新規の仮想通貨である為、実績や安全性の面でかけている点が目立つので、「リスク」があると言うのは事実でしょう。

ウルトロンは、公式サイトやSNSなどでプロジェクトの情報や進捗を公開しており、信頼性や透明性が高いとは言えますが、それは他の新規の仮想通貨と比べるとと言う話です。

仮想通貨投資は大きな利益が期待できますが、その分大きなリスクがあると言うのは必ず念頭においてください。

ウルトロンは、複数の取引所に上場しており、流動性や安全性も確保されていますし、技術的に優れたレイヤー1のプロジェクトであり、詐欺コインではないと言えます。

しかし、「怪しい」と感じている人がいるのは事実で、それらにはしっかりと理由があると言うのは覚えた上で、投資をする場合は、自己責任で行うようにしましょう。

MLMの案件でウルトロンを良く見かけるので、その点が気になる方も多いのではないかと思います。

はっきり言ってMLM参加を強要されるのならば、ウルトロンでの投資は見送るべきです。

MLMは、下層の人間は利益になる可能性は低く、「モノなしマルチ」と言われる分類も増えていて、昨今では仮想通貨を利用したものが増えているのも事実です。

誰かに勧められたから投資をすると言うのは辞めておいた方が後悔する事はありません。

ウルトロンと言う仮想通貨について

ウルトロンは、2022年8月にローンチされたレイヤー1のプロジェクト。

レイヤー1とは、ブロックチェーンの基盤となる技術のことで、ビットコインやイーサリアムなどが代表例です。

ウルトロンは、EthereumとBinance Smart Chainの両方に対応したハイブリッドなブロックチェーンを採用しています。

また、ウルトロンの3つの特徴は、高速で安定したトランザクション、豊富で多様な分散型アプリケーション、ユーザー参加型のガバナンスです。

ウルトロンは、仮想通貨の分野において革新的な技術を提供し、ユーザーの利便性や満足度を高めることでしょう。

これが、調べてみた限りのウルトロンの仮想通貨としての概要であり、解説と言えるのではないかと思います。

タカハシ
タカハシ

仮想通貨(暗号資産)としては比較的新しいもので、注目度は高いとう言われているのがウルトロンです。

ウルトロンのネイティブコインであるULXとは何か?

ウルトロンはネイティブコインに分類されるものであり、比較的新しい仮想通貨と言えます。

そのウルトロンの「ULX」について調査をしてみたので、どういった仮想通貨なのか知識として頭に入れておいてください。

ULXとは、ウルトロンのネイティブコインで、ウルトロンのブロックチェーン上で動作する仮想通貨。

ULXは、ウルトロンのネットワークを安全に保つためにステーキングに使われたり、ウルトロンの分散型アプリケーションを利用するために支払いや報酬に使われたり、ウルトロンのガバナンスに参加するために提案や投票に使われたりします。

ULXの価格は、2024年3月3日時点で、1ULX=0.08601ドル。

ULXの最大供給量は500億ULXで、現在の総供給量は約480億ULX。

ウルトロンの技術的な特徴と言われる部分について調査してみた!

ウルトロンの特徴について、まずは公式でアナウンスされているものなどを見ていきましょう。

ビットコインやイーサリアムなどに比べると、後追いであるが故に利便性は上がっていると言われていますが、どんな特徴かを知っておく事で理解を深める必要はあるはずです。

タカハシ
タカハシ

何故詐欺コイン(怪しい)と言われているのかは、特徴などを知ってから考えるべきでしょう。

ハイブリッドなブロックチェーン

ウルトロンは、EthereumとBinance Smart Chainの両方に対応したハイブリッドなブロックチェーンを構築しているため、Ethereumの豊富なエコシステムとBinance Smart Chainの低い手数料や高いパフォーマンスを兼ね備えています。

また、ウルトロンは、EthereumとBinance Smart Chainの間で資産やデータの移動や交換ができるクロスチェーン機能を提供可能です。

PoSコンセンサス

ウルトロンで採用されているコンセンサスアルゴリズムは、Proof of Stake(PoS)です。

PoSは、コインの保有量や期間に応じて、ネットワークの検証者を選出し、検証者は、新しいブロックを生成し、トランザクションを承認します。

PoSは、Proof of Work(PoW)と比べて、消費電力やコストが低く、スケーラビリティやセキュリティが高いでしょう。

高速で安定したトランザクション

ウルトロンは、秒間10,000件以上のトランザクションを処理できると主張しています。

これは、Ethereumの約30倍、Binance Smart Chainの約2倍の速度です。

また、ウルトロンの手数料は、EthereumやBinance Smart Chainよりも安く、平均で0.01ドル以下とされています。

ウルトロンのエコシステムにはどのようなアプリケーションがあるか?

ウルトロンにはエコシステムと言うものが存在します。

どんなアプリケーションが担っているのかについて、簡単に解説させていただきます。

エコシステムとは?

エコシステムとは、ブロックチェーンで新たに創り出される仮想通貨によって成り立つ社会・経済・仕組みなどのこと

タカハシ
タカハシ

仮想通貨は専門用語が多すぎて、解説がとても難しいです。気になる事がある場合は、LINEからご質問ください。

友達追加する

副業の悩みお気軽にご相談下さい。優良副業案件情報などお得な情報も配信しています!

ウルトロンのエコシステムには、DeFiやNFTなどの分散型アプリケーションがある

ウルトロンは、EthereumとBinance Smart Chainの両方に対応したブロックチェーンであるため、両方のネットワークで動作するアプリケーションを簡単に移植することが可能です。

ウルトロンは、自身のエコシステム内にもいくつかのアプリケーションを開発しています。

例えば、Ultron Swapは、ウルトロン上で動作する分散型取引所で、ULXや他のコインの交換や流動性の提供可能です。

また、Ultron Farmは、ウルトロン上で動作するステーキングプラットフォームで、ULXや他のコインをステーキングして報酬を得られるでしょう。

ウルトロンのガバナンスはどのように行われるか?

ウルトロンのガバナンスについて、簡単に解説をさせていただきます。

解説をしても、専門用語が非常に多くわかり難いと思いますが、シンプルにこういったものだと思うのがいいでしょう。

ガバナンスとは?

ガバナンス単体では、ブロックチェーンの運営や方針を決める仕組みと言う意味で利用される。

また、DeFi(分散型金融)プロジェクトの多くでは、ガバナンストークンと呼ばれる、あるプロジェクトのガバナンスに参加するための投票権のようなものが存在する。

ウルトロンのガバナンスは、ユーザー参加型

ガバナンスとは、ブロックチェーンの運営や方針を決める仕組みのことです。

ウルトロンでは、ULXを保有するユーザーは、ウルトロンのガバナンスに参加することができます。

ウルトロンのガバナンスには、提案と投票の2つのステップがあります。

提案とは、ウルトロンの改善や変更を求める意見や要望のことで、提案を行うには、少なくとも10,000 ULXが必要です。

投票とは、提案に対して賛成か反対かを表明することで、投票に参加するには、少なくとも1 ULXが必要です。

ウルトロンのガバナンスは、ウルトロンのコミュニティによって運営されることを目指しています。

ウルトロンは、ユーザーの声を聞き、ウルトロンの発展に貢献することを重視しているのでしょう。

ウルトロンのロードマップや開発状況はどうか?

仮想通貨の信頼度や安全性、将来の展望を考える上で重要なのが、「ロードマップ」の存在であり、今後の売り買いの判断につながります。

うろトロンのロードマップや開発状況について、抜粋して掲載させていただきます。

  • 2022年8月:ウルトロンのメインネットのローンチ、ULXの公開販売、Ultron Swapのローンチ、Binance Smart Chainとのクロスチェーン機能の実装。
  • 2022年9月:ウルトロンのガバナンスの開始、Ultron Farmのローンチ、Ethereumとのクロスチェーン機能の実装。
  • 2022年10月:ウルトロンのNFTプラットフォームのローンチ、ウルトロンのマーケティングの強化、ウルトロンのパートナーシップの拡大。
  • 2022年11月:ウルトロンのオラクルサービスのローンチ、ウルトロンのセキュリティの強化、ウルトロンのグローバルな展開の推進。
  • 2022年12月:ウルトロンの分散型レンディングプラットフォームのローンチ、ウルトロンのスマートコントラクトの最適化、ウルトロンのコミュニティの活性化。
  • 2023年以降:ウルトロンの分散型取引所の改善、ウルトロンのステーキングプラットフォームの改善、ウルトロンのNFTプラットフォームの改善、ウルトロンのオラクルサービスの改善、ウルトロンのレンディングプラットフォームの改善、ウルトロンの新しいアプリケーションの開発、ウルトロンの新しいパートナーシップの締結、ウルトロンの新しいマーケットの開拓。

ロードマップを見ても、まだまだ新しい仮想通貨であり、信頼性や実績と言う点では、他の有名な仮想通貨に比べても劣ると考えてしまうのは仕方ないのない事でしょう。

ウルトロンのメリットやデメリットについて

ウルトロンで投資をしようと考えているのなら、メリットやデメリットについては知っておくべきでしょう。

ただし、メリットデメリットにつちえは公式で言われているとことと、それらをもとにした推測でしかありません。

ポンジスキームであったり、マルチに似たものである場合も考えられるので、仮想通貨投資をする際には注意をしておく必要があります。

タカハシ
タカハシ

過疎通貨投資をする上で、メリット・デメリットは知っておかなくてはならない部分と言えます。

ウルトロンのメリットについて

ウルトロンは、自身のエコシステム内にもいくつかのアプリケーションを開発しており、Ultron SwapやUltron FarmなどでULXを利用できる。

上記のメリットにより、ウルトロンは、DeFiやNFTなどの分散型アプリケーションの開発や運営を支援できると言われています。

ウルトロンは、ULXを保有するユーザーによるガバナンスを実施することで、ウルトロンのコミュニティが活性化されていくと考えらえる。

小さなメリットをいろいろと考えるのなら他にもあるかもしれませんが、投資をする上で大きなメリットは上記の2つと言えるのではないでしょうか。

タカハシ
タカハシ

仮想通貨投資で言えるのは、確定的なメリットを出すのが難しいと言う事でしょう。運営を信じた上で公式発表を元にしたメリットしか挙げられません。

ウルトロンのデメリット

ウルトロンは、レイヤー1のプロジェクトとしての競争力や差別化を維持することが難しいと考えられている。

ウルトロンは、EthereumやBinance Smart Chainなどの既存のレイヤー1プロジェクトと競合するとともに、CardanoやPolkadot、Solanaなどの新興のレイヤー1プロジェクトとも競合する可能性があります。

ウルトロン自身の技術的な特徴やアプリケーションの魅力をアピールすることで、ユーザーや開発者の支持を得る必要があります。

それらが可能かどうかと言うと難しいとも言われている事は覚えておかなくてはならないでしょう。

ウルトロンは、仮想通貨の市場の変動や規制の影響を受ける可能性がある。

ウルトロンは、まだ新しいプロジェクトであり、市場の動向や需要に左右される可能性が非常に高いと言われています。

また、ウルトロンは、各国の法律や規制に従う必要がありますが、仮想通貨に関する規制はまだ不確定で変化する可能性が十分にあるでしょう。

他の有名仮想通貨よりも市場の影響は受けやすくなっており、調べなければいけない情報が多すぎると言うのは難しいポイントではるのではないでしょうか。

ウルトロン(ULX)の購入方法

ウルトロンのULXを入手するには、「購入」する方法があります。どのように手に入れるかは個人の自由ではありますが、ここでは「購入」して手に入れる方法について解説させていただきます。

ウルトロンの購入方法は、主に2つです。

一つ目は、ウルトロンのネイティブトークンであるULXを取引所で購入する方法。

ULXは、CoinbaseやBinanceなどの大手の取引所に上場しており、ビットコインやイーサリアムなどの他の仮想通貨と交換可能です。

取引所でULXを購入するには、まず取引所にアカウントを作成し、本人確認やKYC(Know Your Customer)の手続きを行う必要があります。

その後、取引所に入金し、ULXを購入することができます。

二つ目は、ウルトロンの分散型取引所であるUltron SwapでULXを購入する方法。

Ultron Swapは、ウルトロンのブロックチェーン上で動作するDEX(Decentralized Exchange)で、EthereumやBinance Smart ChainのトークンとULXを交換可能です。

Ultron SwapでULXを購入するには、まずウルトロンに対応したウォレットを用意する必要があります。

ウルトロンに対応したウォレットは、MetamaskやTrust Walletです。

その後、ウォレットにEthereumやBinance Smart Chainのトークンを入金し、Ultron Swapに接続してULXを購入することができます。

ウルトロンの利用方法は?

ウルトロンに関してはそもそもどういった使い方をするのかについて知っておかなくてはなりません。

価値があると言われても何故価値があるのか?そして何故今後価値が上がると言っているのかは投資をする上で重要です。

ウルトロンの利用方法は、主に2つあります。

一つ目は、ウルトロンの分散型アプリケーションを利用する方法

ウルトロンは、DeFiやNFTなどの分散型アプリケーションの開発や運営を支援するプラットフォームであり、ウルトロンのブロックチェーン上には様々なアプリケーションが存在します。

例えば、Ultron SwapやUltron Farmなどがあります。

ウルトロンの分散型アプリケーションを利用するには、まずウルトロンに対応したウォレットを用意し、ULXを入金する必要があります。

その後、ウォレットをアプリケーションに接続して、トークンの交換や流動性の提供、ステーキングやファーミングなどのサービスを利用可能です。

二つ目は、ウルトロンのガバナンスに参加する方法

ウルトロンは、ULXを保有するユーザーによるガバナンスを実施しており、ウルトロンの方針や仕様に関する提案や投票を行えます。

ウルトロンのガバナンスに参加するには、まずウルトロンに対応したウォレットを用意し、ULXの入金が必要です。

その後、ウルトロンのガバナンスサイトにアクセスし、ウォレットを接続して、提案の作成や投票の参加を行うことができます。

ウルトロンのコミュニティや情報源はどこ?

投資として仮想通貨を考えるのであれば、値動きに瞬時に反応するために、コミュニティやウルトロンの情報源はどこにあるのかを知っておくべきでしょう。

情報も無しに資金を出すのは投資とは言えません。

ウルトロンのコミュニティは、公式サイトや公式SNS

ウルトロンのコミュニティでは、ウルトロンの最新情報やアップデート、イベントやキャンペーンなどを確認することができます。

また、ウルトロンのコミュニティでは、ウルトロンの開発者や運営者、ユーザーやパートナーなどと交流することができるでしょう。

ウルトロンのコミュニティでは、ウルトロンのガバナンスにも参加することができます。

ウルトロンのガバナンスとは、ULXを保有するユーザーによるネットワークの方針やルールを決める仕組みです。

ウルトロンのガバナンスでは、ウルトロンのネットワークの発展に影響を与えることができるでしょう。

ウルトロンの情報源は、公式サイトや公式SNSのほかに、メディアやブログなどで入手

ウルトロンの情報源では、ウルトロンの特徴やメリット、将来性や展望などを詳しく解説してくれる記事や動画などがあります。

ウルトロンの情報源では、ウルトロンの購入方法や利用方法なども紹介してくれます。

ウルトロンの情報源では、ウルトロンの市場規模や成長性、価格やランキングなども確認することができます。

投資を考えている方はしっかりと確認してみましょう。

ウルトロンへの投資の注意点や注意喚起

ウルトロンは、レイヤー1のプロジェクトとしての競争力や差別化を維持することが難しいかもしれません。

また、ウルトロンは、まだ新しいプロジェクトであり、技術的な不具合やセキュリティの脆弱性が発生するかもしれません。

ウルトロンは、投資や利用にあたっては、余剰資金の範囲、自己責任で行いましょう。

ウルトロンは、人気や注目度が高いプロジェクトであるため、悪意のある第三者に狙われるかもしれません。

ウルトロンの詐欺やハッキングには、以下のようなものがあります。

ウルトロンの偽物やコピーを売りつける詐欺

ウルトロンの偽物やコピーは、ウルトロンと似たような名前やロゴ、ウェブサイトなどを使って、本物のウルトロンと偽っています。

ウルトロンの偽物やコピーは、価値がないか、または悪意のあるコードを含んでいるかもしれません。

ウルトロンの偽物やコピーには、絶対に購入や利用をしないでください。

タカハシ
タカハシ

比較的新しい仮想通貨ではよくある傾向です。今後の対応しだいでは詐欺が横行する可能性を秘めてはいますが、対応次第ではセキュリティ強化にもつながるはずです。

ウルトロンのアカウントやウォレットを乗っ取るハッキング

ウルトロンのアカウントやウォレットは、ウルトロンの購入や利用に必要なものです。

ウルトロンのアカウントやウォレットを乗っ取るハッキングは、フィッシングやマルウェアなどの手法を使って、ユーザーのIDやパスワード、秘密鍵などの情報を盗みます。

ウルトロンのアカウントやウォレットを乗っ取るハッキングには、絶対に情報を提供したり、リンクをクリックしたりしないでください。

タカハシ
タカハシ

ユーザー側から漏れたものは対応のしようが無いでしょう。自分のウォレット情報は外部には出さないようにしなければなりません。

友達追加する

副業の悩みお気軽にご相談下さい。優良副業案件情報などお得な情報も配信しています!

ウルトロンの安全性

ウルトロンの安全性は、ハイブリッドなブロックチェーンの採用によって、高いレベルで確保されているとされています。

ウルトロンは、EthereumとBinance Smart Chainの両方のネットワークに接続されているため、攻撃者がウルトロンのネットワークを乗っ取るには、両方のネットワークを同時に攻撃する必要があります。

これは、非常に困難でコストがかかるため、攻撃される可能性は低いのではないでしょうか。

ウルトロンは、クロスチェーンブリッジやオラクルサービスなどの重要なコンポーネントにも、厳格なセキュリティ対策を施しています。

しかしながら、あくまでも公式発表を参考にしているため、実際にどうなのかと言う点は全ての仮想通貨に言える事ではありますが、安全性があるのかと言う疑問点を解消するものでは無いのかもしれません。

ウルトロンをMLMから投資を行うのは辞めるべき

問題となるのは、MLM関連で昨今はウルトロン関係のものが出ている事でしょう。

マルチは犯罪では無く合法ではありますが、マルチの最下層では副業として儲けると言うのは、ほぼ不可能です。

もし、マルチ関連でウルトロンの投資を考えているのなら、それは「怪しい」と思った方がいいのかもしれません。

貴方にウルトロンを進めている人は、恐らく紹介報酬などの他の目的があるから薦めている訳で、稼げるから誘っていると言う訳では無いはずです。

大事なのは、「他人から勧められた」と言う理由では無く、自分で投資をしたいと思ったかどうかではないでしょうか。

まとめ

ウルトロンという仮想通貨について解説しました。

ウルトロンの調査ポイント
  • ウルトロンは、EthereumとBinance Smart Chainの両方に対応したハイブリッドなブロックチェーンを採用したレイヤー1のプロジェクト。
  • ウルトロンのネイティブトークンはULXで、DeFi(分散型金融)サービスやネイティブアプリケーションの利用に必要。
  • ウルトロンは、2022年8月にローンチされた比較的新しいプロジェクトですが、すでにDeFi市場で高い評価を得ている。
  • ウルトロンは、レイヤー1のプロジェクトとして、スケーラビリティやセキュリティなどの課題に対応した技術力と開発力を持っている。
  • 公式サイトなどで情報が公開されているため信頼性や透明性が高く、複数の取引所で上場しているため流動性、安全性が高いと思われる。

もちろん現状では、詐欺コインだと言える点は見えてきていません。

しかし、投資をする際は、ほかにも気を付けなければならないことがあります。

まだ新しいプロジェクトであるため今後なんらかの問題が生じる可能性があるということであり、それは投資をする上で確実にリスクになります。

そして、公式の発表を元にした情報しかない為、内部確実な情報と言うのは出てきません。

これは、新規の仮想通貨ではどんなコインでも問題になる部分です。

ウルトロンで投資をする場合は、あくまで余剰資金で、自己責任で行う必要があると言えるでしょう。

タカハシを友だち追加
副業調査をする上で知っておいて貰いたい事

私自身は、【騙された!】と思った時の激情のままに、現在も副業の調査は行っているのが現状です。実際問題として、自分で利益になる副業を見つけるのは難しいと言うのも事実。

そもそも、SNSなどでは「怪しい」副業の参加募集が溢れています。


調査をわざわざするのは無駄かと思われるかもしれませんが、怪しい副業を避ける事ができるだけでも、損をする事を避ける事ができるかもしれません。

怪しい副業に騙される事が無ければ、良い副業が見つかった時に、チャレンジする事は十分に可能です。だからこそ、騙された!と思いたくない一心で怪しい副業を調べているのかもしれません。

稼げる副業だと思っていても、損をするタイミングがあるものもあるのは事実です。しかしながら、怪しい副業でなければ後に利益になる事もあるので、やはり「怪しいのかどうか」と言う点は、副業を始める上で重要な点と言えるでしょう。

  • 理想の副業が見つからない
  • 悪質な副業に騙される

上記の繰り返しになってしまうのは、良質な副業よりも悪質な副業の方が、より目立つからだともいえます。

それだけ多くの方が【副業】に関して関心を持っているからこそ、様々な副業が出てきているのでしょう。


その中で自分に合ったもので、より良い副業を選択できるように、情報の見極め方などの発信や、おすすめできるような副業の紹介ができればいいなと考えています。

また、怪しい副業などを見つけた場合や、ご相談などある場合もご連絡ください。
些細な事でも結構です。時間は掛かるかもしれませんが調査はさせていただきますし、ご質問についても回答させていただきます。

登録しているだけで、お得に感じられるような配信をして参りますので、興味のある方は是非ご登録ください。ブロックはいつでも可能なのでお試し感覚でもどうぞ!

友達追加する

副業の悩みお気軽にご相談下さい。おすすめ優良副業案件情報などお得な情報も配信しています!

ABOUT ME
タカハシケンジ
タカハシケンジ
副業マイスター
サラリーマン生活十数年目に突入。2012年よりサラリーマンの傍ら副業を開始。副業歴は10年近くとなりました。数々の副業を試してきた故に、怪しい副業・良い副業を見抜く嗅覚は自称マイスタークラス。副業関連ならどんな些細な事でもLINEからご相談下さい。
記事URLをコピーしました