PGA詐欺事件の全貌!?仮想通貨詐欺の概要と被害者の声をまとめてみた。
詐欺実例

PGA詐欺事件の全貌!?仮想通貨詐欺の概要と被害者の声をまとめてみた。

PGA詐欺事件の全貌!?仮想通貨詐欺の概要と被害者の声をまとめてみた。
takaha-shi
※ご覧になられる前の注意事項

呼び名として「詐欺事件」としておりますが、刑事事件として立件されていないものもあります。

これまでの動向を見て詐欺と呼べるものなのか、どうかを判断されてください。

この記事でわかる事
  • PGA詐欺事件の全貌
  • 運営会社としてのPGAについて
  • PGA詐欺事件被害者の声

こんにちは、タカハシです。

この記事では、PGA詐欺について徹底解説しています。

PGA詐欺も、仮想通貨のアービトラージという、いかにもな最先端で稼げそうなワードの組み合わせを使っていますが、いわゆるポンジスキームでした。

実際のところ、実態はなく、なんとなく儲かりそうな雰囲気で自転車操業をしている詐欺は非常に多いのです。

もちろん、仮想通貨で稼げる可能性があることは否定しません。

しかし、こういった詐欺に巻き込まれないようにするためにも、読んでいただけると幸いです。

PGA詐欺とは、どういった仮想通貨詐欺事件なのか?

PGA詐欺とは、プランスゴールドホールディングス社(PGH社)という海外の会社が仮想通貨のアービトラージ取引を行うと称して、多額の資金を集めた投資詐欺事件です。

2020年5月に開始されましたが、同年10月になると出金ができなくなりました。

また、被害総額は500億円以上とも言われており、多数の被害者が出ています。

被害者の会や弁護団が中心となって、集団訴訟や告訴・告発などの法的な手続きを進めていますが、被害回復は困難な状況にあります。

安心して挑戦できる副業、優良情報の発信、危険な副業情報の共有もLINEにてはじめました!

このブログでは、悪質な副業詐欺に騙されないために皆さんが気になっているであろう副業を調査し、詐欺ではないか・怪しくないかなどを実際に登録検証した情報になります。

私自身が現状や将来への不安から手を出した副業が悪質な詐欺で負債を抱えた経験があり、今お金や副業にお悩みの方の気持ちがわかるからこそ、役立てるお話ができるのではないかと、LINEでの配信も始めました!

LINE登録をしているだけで、定期的に優良だと思える副業の情報も配信していますので、この副業なら稼げる!と思えるものがあれば、挑戦してみてください。

「この副業は安心?詐欺ではないですか?」「本当に稼げる副業はあるの?」様々な質問も頂いておりますが、必ず力になれるお返事を致します。なんでも頼ってくださいね!

登録しているだけでもお得な気持ちになれるLINE配信を行うつもりなので、LINE登録だけでもまずは気軽にどうぞ!

タカハシを友達追加する

PCから登録をされる場合は、LINE登録用のQRコードが表示されるので、そちらをスマホカメラなどでQRコードを読み取ってから登録をしてください。

スマホからの場合、一度LINEのログインン画面になります。その後下記画像が表示されるので「トーク」を押すと登録完了です。

私自身の、プロフィールに関しても書いておりますので、そちらは下記のボタンからご覧ください。

PGA詐欺では、どのような手口で騙していたのか

PGA詐欺では、仮想通貨のアービトラージ取引を行うと称して、高い利回りや紹介報酬を謳って投資家を勧誘しました。

しかし、実際には、預かった資金を適切に運用せず、一部を報酬として分配し、残りを着服したと見られています。

また、インターネットやSNSを利用して、虚偽の情報や加工された動画を流布しました。

これらの情報は、PGAの運用実績や信頼性を誇張したもので、投資家達を騙したのです。

その他、出金できないことに気づいた投資家に対して、中国の連休やシステムのメンテナンスなどという理由をつけて出金を延期しています。

また、出金が再開されるという虚偽の情報を流したり、追加投資や紹介で報酬が増えるという誘惑をしたりしました。

海外の複数の取引所や口座を利用して、資金の移動や洗浄を行っていました。

また、PGAに関与した日本人のインフルエンサーやトップリーダーも、自分の口座や他人の口座を使って、資金の受け渡しや隠匿を行っていたのです。

PGH社は、投資家に対して、出金は月に1回しかできないという制限を設けていました。

また、出金には手数料や税金などの名目で追加のビットコインの支払いを要求することで出金がし辛い状況を作っていたと言う事は知っておかなくてはならない事でしょう。

PGA詐欺のアービトラージについて

アービトラージとは、一般的には2つ以上の市場で同じ商品の価格差を利用して、無リスクで利益を得る取引手法のことです。

PGA詐欺では、PGAというアルゴリズムが、世界最大の3つの仮想通貨取引所で同時に取引を行い、その価格差を利用して利益を生み出すと主張していました。

しかし、このPGAというアルゴリズムは実在しないか、あるいは実際には利益を出せないものであったと考えられます。

PGA詐欺は、ポンジスキームと呼ばれる手法で、新規の投資家から集めた資金で、既存の投資家に配当を支払うことで、事業が成り立っているように見せかけていたのです。

PGA詐欺の利回りについて解説

PGA詐欺は高い利回りを謡っていて、投資家などを集めていました。

その高い利回りについて、少し解説をさせていただきます。

  • PGA詐欺は、平均日利0.5〜0.7%、平均月利15〜20%という高い利回りを謳っており、多くの投資家を惹きつけました。

しかし、これらは不合理で非現実的なものでした。

仮想通貨の市場は、価格の変動が激しく、リスクが高いことを理解する必要があります。

また、投資する前には、運用会社や取引所の信頼性や法令遵守などを確認することも重要です。

※仮想通貨のアービトラージの利回り

仮想通貨のアービトラージの平均的な利回りは、取引所や仮想通貨の種類、市場の状況などによって異なりますが、一般的には月利で数パーセント程度と言われています。

ただし、アービトラージには取引手数料や送金手数料などのコストもかかるため、それらを差し引いた実質的な利回りはもっと低くなる可能性があります。

PGA詐欺には紹介報酬があった

ポンジスキームであったり、マルチと言われるものは、基本的に「紹介報酬」と言うものが存在します。

紹介報酬目当てで、友人や家族を紹介する事は辞めておきましょう。詐欺だった場合、人間関係まで壊れてしまいます。

紹介ボーナス

PGAに参加した投資者は、自分が紹介した人の投資額の10%を報酬として受け取ることができました。

例えば、自分が紹介した人が100万円を投資した場合、10万円の報酬がもらえるという仕組みです。

この報酬は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨で支払われました。

新規開拓ボーナス

PGAに参加した投資者は、自分が紹介した人がさらに人を紹介した場合、その人の投資額の5%を報酬として受け取ることができました。

例えば、自分が紹介した人がAさんで、AさんがBさんを紹介した場合、Bさんの投資額の5%が自分にも報酬として支払われるという仕組みです。

この報酬も、仮想通貨で支払われました。

タイトルボーナス

PGAに参加した投資者は、自分の投資額や紹介人数に応じて、タイトルと呼ばれるランクが付与されます。

タイトルは、ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンド、ブラックダイヤモンドの6段階がありました。

タイトルが高いほど、自分の投資額に対する利益率が高くなり、さらに特別な報酬がもらえるという仕組みでした。

例えば、ブラックダイヤモンドのタイトルを持つ人は、自分の投資額の30%を報酬として受け取ることが可能です。

この報酬も、仮想通貨で支払われました。

運営会社であるPGH社について

PGH社は、Prance Gold Holding社の略称で、セーシェル島に本社を置く仮想通貨の投資会社です。

PGA詐欺の主犯とされており、多額の資金を集めた後に逃亡したと見られています。

PGH社については、以下のような情報があります。

PGH社についての情報
  • PGH社の代表はAndre Geraldという人物で、その素性や顔写真は公開されていません。
  • 彼は、PGAの開発者として自称しており、PGAの運用実績や信頼性を誇張する動画やブログなどを発信していました。
  • PGH社のウェブサイトやアプリは、すでに閉鎖されており、連絡先も不通になっています。
  • ウェブサイトやアプリは、PGAの運用状況や利益分配などを表示していましたが、これらはすべて偽装されたものでした。
  • PGH社は、海外の複数の取引所や口座を利用して、資金の移動や洗浄を行っていました。

あえて言うのなら、騙すために運営されていた会社なのではないかと考えられます。

会社の情報などはほとんど出てこないので、所謂ペーパーカンパニーであったか、そもそも会社自体が存在していない可能性も十分にあるのです。

謎の秘密結社センチュリオンクラブ

センチュリオンクラブとは、PGAのトップリーダーの一部が結成した秘密結社のようなものです。

センチュリオンとは、古代ローマの百人隊長のことで、この名前はPGAの運営者がローマ帝国の歴史に興味があったから付けられたと言われています。

センチュリオンクラブのメンバーは、PGAの運営者や関係者と直接的なコミュニケーションを取ることができ、PGAの内部情報や将来の展望などを知ることができました。

また、センチュリオンクラブのメンバーは、PGAのイベントやパーティーに優先的に招待されたり、特別な待遇を受けたりすることがあったと言われています。

センチュリオンクラブのメンバーになるには、PGAに最低$30,000以上の出資を行い、かつ、自分の下に多くの出資者を集めることが必要であったため、PGAの広告や勧誘に積極的に関わり、多くの被害者を生み出したのです。

センチュリオンクラブのメンバーの中には、PGAの出金停止後も、PGAの運営者や関係者と連絡が取れると信じていたり、PGAの復活を期待していたりする人もいました。

しかし、現実には、PGAの運営者や関係者は逃亡したり、逮捕されたりしており、センチュリオンクラブのメンバーも被害者の一人であることに変わりはありません。

PGA詐欺の被害者の声をまとめてみた!

PGA詐欺事件に巻き込まれてしまった方の口コミをまとめてみました。

同様の事件に巻き込まれない為にも、どういった状況だったのか、また現在はどういった状況なのかなどについて知っておきましょう。

「初めてXからPGAを紹介されたとき、『これは詐欺じゃないのか』と問いただしました。Xの答えは『すべて上手くいきます』という返答でした。Xは終始、僕らの要望や質問にも誠実に答えてくれた。この人にダマされることはないと思い、すっかり信用してしまいました……」

「昨年3月下旬、運営側は100人規模の会場に私達を集めて、目の前で実際にPGAを用いたセミナーを開きました。仮想通貨の口座額はみるみる増えていき、これが本当なら確かに説明通りの高い月利も可能だと納得しました。

ただ、実際の運用については『1回ないし2回~3回は見せられるが、特許的な事情ですべての情報は開示できない』と説明されました。運営側は信用を得るために、『PGAは中国版の高級誌など複数の有名媒体が紹介している』『多額の出資をした者には世界の一流ホテルVIP待遇を受けられる特典もある』などと言っていました」

「僕は最初に300万円を入れました。そしたら1ヵ月で800万になりました。そこからは増資もしながら倍々ゲームのように増えていきました。僕が集めたグループだけで、昨年9月末までに売上は400億円近くになっていました」

「昨年10月1日に突然、出金ができなくなりました。運営側に問い合わせると『中国の旧正月で一時的に出金できないだけ。10月半ばには出金ができます』という返答がありました。しかし、10月15日になっても出金ができなかった。中国・深センにあるオフィスももぬけの殻。当初の運営の説明ではPGAは世界9ヵ国で運用されているとの話でしたが、実際に調べてみると出資者の9割が日本人でした。出資者たちはいま『どうなってるんだ!』と大荒れに状態になっています」

「Xに大しては『ふざけるな』という思いが強いです。騙されてしまったというのが率直な気持ちです。一部の出資者の間では『トップリーダーは運営からお金を貰っていた』と言われていますが、私たちは全く貰っていません。むしろ私自身も15億円が口座に入ったままで出金が出来ない状態です。今は弁護士に頼んで、Xを含めたPGA側に対して集団訴訟という手続きを進めています」

引用元はFRIDYとなっていて、大手の週刊誌にも取り上げられるようなニュースとなっています。

口コミをみた限りでは、集団訴訟の準備をしていると言われていますが、大元が逃げてしまった後では、流石に負債額の回収をするのは難しいでしょう。

PGA詐欺の二次被害について知っておこう!

PGA詐欺の二次被害とは、PGA詐欺に遭った被害者が、さらに別の詐欺に引っかかることをいいます。

PGA詐欺の二次被害には、次のような種類があります。

リカバリー詐欺

被害者に連絡してきた人物が、被害回復や返金を約束して、手数料や保証金などを要求する詐欺です。

この場合、連絡してきた人物は、PGA詐欺の関係者や情報を入手した詐欺師である可能性が高いでしょう。

出金代行詐欺

被害者に連絡してきた人物が、PGAからの出金を代行してくれると言って、手数料や保証金などを要求する詐欺です。

この場合、連絡してきた人物は、PGA詐欺の関係者や情報を入手した詐欺師である可能性が高いでしょう。

弁護士詐欺

被害者に連絡してきた人物が、弁護士や司法書士を名乗って、被害回復や返金を約束して、手数料や保証金などを要求する詐欺です。

この場合、連絡してきた人物は、実在しない弁護士や司法書士を偽っている詐欺師である可能性が高いでしょう。

PGA詐欺の二次被害に遭わないためには、下記の事をしっかりと意識しておきましょう。

PGA詐欺の関係者や詐欺師からの連絡には応じてはいけません。

特に、返金や出金を約束して、手数料や保証金などを要求する場合は、詐欺の可能性が高いので注意しましょう。

PGA詐欺の対処方法

PGA詐欺の対処方法を紹介しておきます。一般的な詐欺被害の対処方法ともいえるので、ご存じの方も多いかもしれませんが、確認の意味も含めてご覧ください。

被害者の会への参加

被害者の会は、被害者同士で情報や証拠を共有したり、メンタルケアを受けたり、集団訴訟や告訴・告発のために弁護団を組んだりすることができます。

口座凍結の申し立て

振り込め詐欺等の被害救済法に基づいて、詐欺師の口座を凍結し、被害回復分配金の支払いを受けることができます。

弁護士に相談

弁護士に依頼すれば、被害回復のための損害賠償請求や返金請求、訴訟手続きやADR、財産の保全、告訴・告発などの法的な手続きを代行してもらえます。

以上の対処法の中で、最も確実で効果的なのは、弁護士に相談することです。

弁護士に相談すれば、被害状況に応じた最適な解決策を提案してもらえますし、法的な知識や経験も豊富です。

また、弁護士は守秘義務がありますので、安心して相談できます。

ただし、弁護士に相談する際には、詐欺被害に強い弁護士を選びましょう。

詐欺被害に強い弁護士は、詐欺の手口や対策に詳しく、被害回復の成功率が高いからです。

被害者に返金されているの?

PGA詐欺の被害者に返金された人は、現時点では確認できません。

PGA詐欺の被害者の会は、集団訴訟を起こす準備を進めていますが、まだ訴訟が提起されていないため、裁判の結果が出るまで返金の可能性は不明です。

また、刑事事件としても、PGA詐欺の運営者や関係者が逮捕されたり、告訴・告発されたりしていますが、これらの手続きが完了するまで、被害者に返金されるかどうかは分かりません

ただし、被害者の方は、振り込め詐欺救済法による口座凍結の手続きを行うことで、被害回復分配金の支払を受けることができる可能性があります。

この手続きは、弁護士に依頼することができます。

まとめ

PGA詐欺とは、仮想通貨のアービトラージ取引を行うと称して、多額の資金を集めた詐欺事件です。

平均月利15〜20%の高額な利回りや紹介報酬を約束し、インターネットやSNSで広告や口コミ、インフルエンサーの紹介などで多くの人に知られるようになりました。

しかし、2020年10月になって、出金ができなくなり、被害者が相次ぎました。

被害額は総額で400億円〜500億円とも言われており、大きな社会問題に発展しました。

被害者の会や弁護団が結成され、集団訴訟や口座凍結などの被害回復のための活動が行われています。

タカハシを友だち追加
副業調査をする上で知っておいて貰いたい事

私自身は、【騙された!】と思った時の激情のままに、現在も副業の調査は行っているのが現状です。実際問題として、自分で利益になる副業を見つけるのは難しいと言うのも事実。

そもそも、SNSなどでは「怪しい」副業の参加募集が溢れています。


調査をわざわざするのは無駄かと思われるかもしれませんが、怪しい副業を避ける事ができるだけでも、損をする事を避ける事ができるかもしれません。

怪しい副業に騙される事が無ければ、良い副業が見つかった時に、チャレンジする事は十分に可能です。だからこそ、騙された!と思いたくない一心で怪しい副業を調べているのかもしれません。

稼げる副業だと思っていても、損をするタイミングがあるものもあるのは事実です。しかしながら、怪しい副業でなければ後に利益になる事もあるので、やはり「怪しいのかどうか」と言う点は、副業を始める上で重要な点と言えるでしょう。

  • 理想の副業が見つからない
  • 悪質な副業に騙される

上記の繰り返しになってしまうのは、良質な副業よりも悪質な副業の方が、より目立つからだともいえます。

それだけ多くの方が【副業】に関して関心を持っているからこそ、様々な副業が出てきているのでしょう。


その中で自分に合ったもので、より良い副業を選択できるように、情報の見極め方などの発信や、おすすめできるような副業の紹介ができればいいなと考えています。

また、怪しい副業などを見つけた場合や、ご相談などある場合もご連絡ください。
些細な事でも結構です。時間は掛かるかもしれませんが調査はさせていただきますし、ご質問についても回答させていただきます。

登録しているだけで、お得に感じられるような配信をして参りますので、興味のある方は是非ご登録ください。ブロックはいつでも可能なのでお試し感覚でもどうぞ!

友達追加する

副業の悩みお気軽にご相談下さい。おすすめ優良副業案件情報などお得な情報も配信しています!

ABOUT ME
タカハシケンジ
タカハシケンジ
副業マイスター
サラリーマン生活十数年目に突入。2012年よりサラリーマンの傍ら副業を開始。副業歴は10年近くとなりました。数々の副業を試してきた故に、怪しい副業・良い副業を見抜く嗅覚は自称マイスタークラス。副業関連ならどんな些細な事でもLINEからご相談下さい。
記事URLをコピーしました