新紙幣詐欺が流行の兆し。新紙幣発行に伴い気を付けなくてはならない詐欺の実態を調査しました!
詐欺実例

新紙幣詐欺が流行の兆し。新紙幣発行に伴い気を付けなくてはならない詐欺の実態を調査しました!

新紙幣詐欺が流行の兆し。新紙幣発行に伴い気を付けなくてはならない詐欺の実態を調査しました!
takaha-shi
この記事でわかる事
  • 新紙幣詐欺とは何か?
  • 今までの新紙幣発行における詐欺の歴史
  • どんな詐欺が横行しているのか?

こんにちは、副業マイスターのタカハシです。

2024年7月、我が国は新たな紙幣の発行を迎えます。LINEにて新紙幣詐欺に関するご質問をいくつか頂いたので調査しました。

LINEの相談内容
  • 新紙幣発行に伴い新紙幣詐欺について知りたいです。
  • 新紙幣詐欺ってどんなものですか?

新紙幣詐欺とは、金融機関の職員を装った詐欺師が、既存の紙幣を新紙幣と交換すると偽り、被害者から現金を騙し取る犯罪です。

この詐欺は、新紙幣への一般の関心と不安を悪用し、信頼を築いた上で金銭を詐取します。

歴史的瞬間に際し、残念ながら不正な行為を企む者たちもその機を逃さず、新紙幣詐欺という新たな手口で市民の財布を狙っているのです。

この記事では、これらの詐欺行為の手口と、それによってもたらされる脅威について解説し、一人でも多くの市民がこれらの罠に陥ることなく、安全に新紙幣を迎えられるよう啓発することを目的としています。

詐欺は以外と身近にあります。私のLINEでは副業関連のご相談等も受け付けてます。すぐに調査をして回答させていただきますので、お気軽にメッセージしてください。

友達追加する際の注意点

スマートフォンから友達追加を行うの場合は、下記の「友達追加ボタン」よりLINEの友達追加画面へ移動することで「友だち追加」が可能です。

パソコンから友達追加を行う場合は、一度LINE登録用のQRコードをスマートフォンで読み込み、LINEの友だち追加画面にある「友だち追加」のボタンよりご登録下さい。

稼げる副業情報、稼げない副業情報LINEで配信中!

このブログでは、悪質な副業詐欺に騙されないために皆さんが気になっているであろう副業を調査し、詐欺ではないか・怪しくないかなどを実際に登録検証した情報になります。

私自身が現状や将来への不安から手を出した副業が悪質な詐欺で負債を抱えた経験があり、今お金や副業にお悩みの方の気持ちがわかるからこそ、役立てるお話ができるのではないかと、LINEでの配信も始めました!

LINE登録をしているだけで、定期的に優良で稼げる可能性がある副業の情報も配信していますので、この副業なら稼げる!と思えるものがあれば、挑戦してみてください。

「この副業は安心?詐欺ではないですか?」「本当に稼げる副業はあるの?」様々な質問も頂いておりますが、必ず力になれるお返事を致します。なんでも頼ってくださいね!

登録しているだけでもお得な気持ちになれるLINE配信を行うつもりなので、LINE登録だけでもまずは気軽にどうぞ!

新紙幣詐欺とは?

新紙幣詐欺とは、新しい紙幣の発行に関連して、金融機関の職員を装い、「新しい紙幣と交換します」と偽って現金を騙し取る手口の詐欺です。

2024年7月3日に新紙幣が発行されることに伴い、このような詐欺が発生していると警視庁が注意を呼びかけています。

ご注意ください

現行の紙幣(福沢諭吉の一万円券、樋口一葉の五千円券、野口英世の千円券)は、新紙幣が発行された後も引き続き使用可能です。

新紙幣が発行されたからといって、現行の紙幣が使えなくなるわけではありませんので、そういった内容を伝える詐欺には特に警戒が必要です。

新紙幣の発行開始日には、すぐに新紙幣の取扱いが可能になるわけではないため、新紙幣をお求めの際は、お取引のある銀行に事前にお問い合わせの上、ご来店されることをお勧めします。

新紙幣を発行する主な目的

新紙幣を発行する目的と言われている部分を紹介します。様々な目的があると言われていますが、どの点が一番の目的なのかは私達にはなかなか伝わってこないですね。

偽造防止

新しい技術を用いて、偽造しにくい紙幣を作ることで、偽造紙幣に対する対策を強化します。これには、高精細の「すき入れ(すかし)」や「3Dホログラム」などの最新技術が導入されています。

ユニバーサルデザインの向上

すべての人が使いやすいように、お札の識別マークの配置や形状の変更、額面数字の拡大など、ユニバーサルデザインが工夫されています。

日本の近代化への貢献者を顕彰

新紙幣の肖像には、日本の近代化に貢献した人物が選ばれており、日本の歴史や文化を反映しています。

これらの目的は、新紙幣がより安全で、使いやすく、そして日本のアイデンティティを象徴するものとなるように設計されています。

新紙幣の発行は、偽造対策と利便性の向上を目指しており、現代の技術を反映したものです。

また、新紙幣のデザイン変更は、日本の経済や文化の進化を象徴するものとしても位置付けられています。

タカハシ
タカハシ

頭にいれておいて欲しいのは、すぐに旧紙幣が使えなくなるわけではないので、新紙幣への交換は冷静に対応するべきという事です。

既に発生している新紙幣詐欺の手口

新紙幣が発行されて時間はそこまで経っていませんが、新紙幣の発行前から詐欺事件が起きているので、その手口を現在わかる範囲でまとめてみました。

「旧紙幣はもう使えないから、新紙幣と交換が必要です」と言って、旧紙幣をだまし取る詐欺。

実際には、旧紙幣は引き続き使用可能であり、交換の必要はありません。

「旧紙幣と新紙幣を交換するため、ご自宅に伺います」と言って訪問を申し出る詐欺。

金融機関が自宅を訪問して紙幣を交換することはありません。

「旧紙幣を回収するため、指定の口座に振り込んでください。振り込まれた金額を新紙幣でお返しします」と言って、振り込みを促す詐欺。

このような回収は行われず、振り込んだお金が返ってくることはありません。

明らかに怪しいものであり、騙される人はいないのではないかと感じる方もいるかもしれませんが、あまり新紙幣についての情報を知らない方などは信用して騙されてしまう事もあるようなのでご注意ください。

タカハシ
タカハシ

特に年配の方を狙った詐欺となっているようなので、ご家族の方などが騙されないように注意をする事は重要でしょう。

騙されやすい人、その理由

新紙幣詐欺に騙されやすい人の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

新紙幣詐欺に騙されやすい人
  • シニア世代や高齢者が多いとされています。これは、新しい情報に対するアクセスが限られていたり、詐欺の手口に対する認識が低いことが理由かもしれません。
  • 情報に疎い、または情報を鵜呑みにしやすい傾向があります。新紙幣に関する正確な情報を知らないため、詐欺師の言葉を信じてしまうことがあります。
  • 独断で行動する傾向があるため、周囲の意見や警告を聞き入れず、詐欺に引っかかることがあります。

新紙幣詐欺に騙される理由は、主に以下のようなものです。細かい理由はまだまだあるかと思いますが、大きくわけると以下の理由になります。

新紙幣詐欺に騙される理由や要因
  • 偽情報:「旧紙幣は使用不可」「預金封鎖が行われる」などの偽情報に惑わされることがあります。
  • 詐欺師の巧妙な手口:詐欺師が金融機関の職員などを装い、「新紙幣と交換します」といった誘い文句で近づいてくる。
  • 心理的な影響:「今だけ」「手数料無料」などの煽り文句によって、急いで行動してしまう心理が働いてしまう。

これらの特徴や理由を理解し、常に情報に注意を払い、疑問がある場合は信頼できる情報源や専門家に相談することが重要です。

とは言え、新紙幣を手に入れるのは基本的に「両替」で大丈夫ですし、何かしら価値があるとしてもレアな発行番号くらいしかありません。自販機でも使えませんし、そこまで新紙幣に焦る必要はないです。

タカハシ
タカハシ

古銭コレクター、お札コレクターの人以外はそこまで、早急に新紙幣を手に入れなくても大丈夫です。

新紙幣詐欺で現段階でわかる被害状況

新紙幣詐欺の被害状況については、以下の情報があります。

旧紙幣は使えないと回収をする詐欺師

長野県警察によると、令和6年7月3日から新紙幣が発行されることに伴い、旧紙幣に関する「使えない」「交換する」「回収する」という内容の詐欺が予想されています。

これらの詐欺には、電話やメールでの不審な連絡が含まれ、旧紙幣を新紙幣と交換すると偽る手口があるため、注意が必要です。

交換は銀行で普通に行えます。なんなら新紙幣の方がまだまだ利用できるところは少ないです。発行初日の段階では1~2割ほどでしか対応はできていません。

旧紙幣は使えないと回収をする詐欺師

日テレNEWSの報道によると、金融機関の職員を装う詐欺師が「7月から古い紙幣は使えなくなるので、新しい紙幣と交換します」という虚偽の電話をかけ、現金をだまし取る被害が複数件確認されました。

警視庁はこのような詐欺に対する注意を呼びかけています。

新紙幣発表に伴い、偽札関連の詐欺も増加しているとの警告が出されています。新紙幣を手にしていない人も多いので、偽札をつかまされてしまう事が多々あるようです。個人商店などで被害が出ているようなので、注意しましょう。

これらの情報から、新紙幣詐欺は既に多くの被害をもたらしており、警戒する事が事実ではありますが、少し考えるとわかる事でもあるので、一度冷静に考えるという事はするべきです。

タカハシ
タカハシ

新紙幣発行前に調べたのですが、既に詐欺被害が出ているようでしたので、発行後は被害が一時的に増える事も十分に考えられます。

新紙幣発行に伴う詐欺対策

新紙幣発行に伴う詐欺に対して、何も対策がされていないかと言うといそうではありません。詐欺対策はちゃんと行われているという事は知っておきましょう。ここまでの傾向を見ていると、知らない人が被害者になっています。

情報提供と啓発活動の強化

全国銀行協会などの金融機関が、新紙幣に関する正確な情報を提供し、詐欺行為への注意を呼びかける活動を強化しています。

新紙幣の偽造防止技術の進化

新紙幣には、高精細なすき入れ模様や世界初の肖像の3D画像が回転するホログラムなど、偽造を防ぐ最新技術が導入され防犯対策がされている事は知っておきましょう。。

ATMや自動精算機などの対応

新紙幣発行に合わせて、ATMや自動精算機などの機器も新紙幣に対応するよう更新されており、偽造紙幣の流通防止に貢献するでしょう。

あくまでも一部なので、両方を持っておくことをおすすめします。

公的機関の連携

警察や消費者センターなどの公的機関が連携し、詐欺対策の情報共有や相談窓口の設置を行っています。

これらの対策は、新紙幣発行に伴う詐欺被害を防ぐために重要です。一人ひとりが正しい情報を得て、詐欺に対する警戒心を持つことが重要と言えるでしょう。

詐欺に遭わないためには、常に警戒心を持ち、正しい情報を得ることが重要と言うのは間違いないので、警戒はしておくに越したことはありません。

タカハシ
タカハシ

対策自体はされていますが、周知されていない点もあるので、詐欺師はその隙を突いてきている訳ですね。

個人ができる新紙幣詐欺の対策はコレだ!

新紙幣発行に伴う詐欺被害を防ぐために、私たち市民ができることは以下の通りです。ちょっとしたことでも対策になるので、もし自分なりの対策がある場合は私にも教えてください。

情報の確認

新紙幣に関する正確な情報を、信頼できる公式な情報源から得ることが重要です。

金融機関や警察の公式ウェブサイトをなどを確認すると情報がある事が多いのでチェックしておくのも個人的にはいいかもしれませんね。

不審な連絡への対応

「旧紙幣が使えなくなる」「交換が必要」「回収する」といった不審な電話やメールを受けた場合は、お金を渡したり振り込む前に家族や警察に相談してください。

既に上記のような詐欺は行われているので、絶対に掛からないようにしておきましょう。

周囲への情報共有

詐欺被害を防ぐためには、ご家族や友人にも正しい情報を伝え、周知徹底することが大切です。

知っておくことで回避出来る事は多いですし、周りの知人などにも伝えておくだけで回避できる詐欺はあります。

今回の新紙幣詐欺ではその傾向が顕著なのかなと言った印象は強いです。

    タカハシ
    タカハシ

    対策はしっかりと考えておくべきです。個人で出来る事はまだまだあるので、しっかりと対応するようにしましょう。

    前回の新紙幣発行時との違いを知っておこう!

    前回の新紙幣発行時と今回の新紙幣発行における詐欺の状況には、いくつかの違いがあります。あくまでも個人的に感じる部分もあると思うので、参考程度におききください。

    偽造防止技術の進化

    今回の新紙幣には、前回よりもさらに高度な偽造防止技術が導入されています。

    これにより、偽造紙幣を作成することが困難とは言われていますが、全ての紙幣が一斉に変わるというのを経験した事がある人も少ないので、注意した方がいいでしょう。

    情報の普及と啓発活動

    前回の新紙幣発行時に比べて、今回は政府や金融機関による情報提供と詐欺防止に関する啓発活動がより積極的に行われています。

    これにより、詐欺に対する意識を高め、被害に遭うリスクを減らすことができるでしょう。以前よりも情報提供の量は多いと思いますが、それでも足りないと言われているのが現状です。

    詐欺手口の変化

    詐欺師は常に新しい手口を考案しますが、前回の経験を踏まえて、今回は「旧紙幣が使えなくなる」という虚偽の情報を使った詐欺に対する警戒が強化されています。

    また、デジタル技術の進化に伴い、オンライン上での詐欺手口も変化しています。

    とは言え、一度流行の兆しが見えると、同じ様な詐欺が流行する傾向にあるので、旧紙幣回収系の詐欺やプレミアがついた紙幣の番号との交換を謳う詐欺が増える可能性は十分にあり得る話なので警戒しましょう。

    金融機関の対応

    ATMや自動精算機などでの新紙幣への対応が前回よりも迅速に行われており、我々一般市民も新紙幣をスムーズに利用できるようになります。

    新紙幣に今すぐしないければ!と言う訳ではありません。徐々に新紙幣に変わっていくだけなので焦って交換をする必要はありません。

    タカハシ
    タカハシ

    新紙幣への変換はゆっくりと行われていくものなので、すぐに新紙幣に変えなければいけないというものではありません。

    新紙幣詐欺の歴史について知っておこう!

    新紙幣詐欺の歴史については、日本では新しい紙幣が発行されるたびに、それを悪用した詐欺が発生する傾向があります。

    特に、紙幣のデザインやセキュリティ機能が変更される際には、一般の人々が新しい情報に不慣れであることを利用した詐欺が増加します。

    例えば、2004年に新しいデザインの紙幣が導入された際にも、同様の詐欺が報告されています。

    詐欺師は、新紙幣への交換を装い、旧紙幣をだまし取る手口を用いました。

    このような詐欺は、新紙幣の発行が公表されるとすぐに活発化する傾向があり、2024年の新紙幣発行に際しても、同様の詐欺行為に対する警告がなされています。

    新紙幣詐欺は、金融機関や警察が積極的に情報提供を行い、市民に対する啓発活動を通じて防止を図っています。

    しかし、SNSやインターネットを利用した情報の拡散により、詐欺の手口も巧妙化しており、常に新しい手法に警戒する必要があります。

    タカハシ
    タカハシ

    手口が巧妙化している事、一瞬で爆発的に詐欺に欠ける事が昨今の詐欺の特徴であるので、新紙幣詐欺でもその傾向は疑っておかなくてはなりません。

    新紙幣発行で注意すべき金融詐欺

    金融関連の詐欺には様々な種類があり、注意が必要です。以下は特に警戒すべき詐欺の手口です。新紙幣発行を理由にした下記のような詐欺が横行する可能性もあるので注意しておきましょう。

    フィッシング詐欺

    銀行や金融機関を装ったフィッシング詐欺は、SMSやメールを通じて個人情報を騙し取る手口です。

    犯罪者は、正規の機関からのように見せかけた通信で、ログイン情報やクレジットカード番号などの機密データを要求します。

    この詐欺は、リンクをクリックさせることで偽のウェブサイトに誘導し、そこで情報を入力させることが一般的です。

    還付金詐欺

    還付金詐欺では、市区町村や年金事務所の職員を装い、「医療費の過払い分」「年金の未払い」などと偽って連絡があります。

    詐欺師は、還付金を受け取るためには手数料が必要だと主張し、その手数料を支払うよう要求します。

    実際には、還付金は存在せず、支払われた手数料は詐欺師の懐に入るのです。

    オレオレ詐欺

    オレオレ詐欺は、主に高齢者を狙った詐欺で、犯罪者が電話で息子や孫を装い、緊急の事態を偽ってお金を要求する詐欺です。

    例えば、「交通事故を起こした」「急な借金が必要だ」などと言って、現金の振り込みや直接の手渡しを求めます。

    ネットバンキング犯罪

    ネットバンキング犯罪では、フィッシング詐欺と同様の手口でインターネットバンキングのパスワードを盗み出し、被害者の口座から無断で預金を引き出します。

    これは、キーロガーと呼ばれるマルウェアを使ってパスワードを記録するか、偽のバンキングサイトで情報を盗むことによって行われます。

    ネットショッピング詐欺

    ネットショッピング詐欺では、オンラインで商品を注文しても届かない、または偽物が届くという手口です。

    実在しない商品やブランド品の模造品を販売する偽のウェブサイトを作成し、消費者を騙します。

    投資勧誘詐欺

    投資勧誘詐欺は、「必ずもうかる」「あなただけの特別な情報」といった誇大広告を使って、非現実的なリターンを約束する投資を勧めます。

    高額な初期投資を要求し、実際には存在しない投資プランや企業に資金を投じさせます。

    タカハシ
    タカハシ

    あくまでも可能性ではあるのですが、可能性としてはかなり高いと考えています。

    他国の取り組み

    他国でも新紙幣の発行に伴う詐欺対策に関する取り組みが行われています。

    新紙幣の発行は、世界中の多くの国で定期的に行われるもので、それぞれの国が偽造防止技術の向上や経済の安定化が目的です。

    新紙幣発行時には、偽造紙幣の流通防止や市民への情報提供など、詐欺対策が重要視されます。

    例えば、ユーロ圏では新しいユーロ紙幣が導入された際に、偽造を防ぐための高度なセキュリティ機能が紹介され、市民への教育キャンペーンが行われました。

    また、アメリカ合衆国では、新しいデザインのドル紙幣が発行されるたびに、連邦準備銀行が偽造防止技術に関する情報を公開し、市民が本物の紙幣を識別できるように取り組んでいます。

    これらの取り組みは、市民が新紙幣に慣れ、偽造紙幣や詐欺に対する警戒を強化するために非常に重要です。

    各国の中央銀行や政府は、新紙幣の安全性を確保し、市民が安心して取引できるように、さまざまな対策を講じています。

    新紙幣発行に伴う詐欺被害を防ぐためには、正しい情報を得ることと、疑わしい場合はすぐに専門機関に相談することが、詐欺被害を防ぐための鍵となります。

    タカハシ
    タカハシ

    どこの国も苦労していますが、やらなければ偽札が大量発生してしまう事も考えられるので、定期的に行われています。

    まとめ

    本稿を通じて、新紙幣詐欺の実態とその防止策について考察を深めました。

    新紙幣の発行は、経済にとって重要な意味を持つ一方で、詐欺師による悪用の機会も生まれています。

    私たちは、このような犯罪に対して警戒を怠らず、正確な情報に基づいた行動を取ることが求められます。

    金融機関や警察からの公式な情報に耳を傾け、未知の個人や団体からの怪しい申し出には応じないようにしましょう。

    また、新紙幣の交換に関しては、信頼できる銀行や公的機関を通じてのみ行うべきです。

    市民一人ひとりが情報リテラシーを高め、社会全体で詐欺を未然に防ぐことが、私たちの財産と安全を守る上で不可欠です。

    新紙幣の発行を前にして、私たちは新たな時代の幕開けを迎えようとしています。

    この機会を正しく理解し、利用することで、より豊かな社会の実現に寄与できることでしょう。

    最後に、読者の皆様がこの記事を通じて、新紙幣詐欺に対する理解を深め、自らを守るための知識を得られたことを願っています。

    タカハシ
    タカハシ

    日々新しい詐欺が生まれていると言っても過言ではありません。しっかりとどのような詐欺なのか理解して対策を頭に入れておくことこそ重要です。

    当サイトでは調査して欲しい【副業】などをLINEにてお待ちしております。

    また、稼ぐ事の出来る副業情報や、怪しい副業の情報も定期的に配信しているので、ご相談などなくても、LINEでの友達登録をしてみてください。

    稼げる副業と稼げない副業があると知っているだけで、考え方は楽になるはずです。

    是非その方法を知っておいてください。

    LINE登録はコチラ
    いつでも相談してさい!

    私は数多くの副業に挑戦し、騙されもしながら本当に稼げる副業に辿り着き「稼げる」「稼げない」は本人の能力や努力以上に、取り組む内容次第なんだと知りました。

    世の中の「簡単に稼げる」など謳っている副業は稼げない・詐欺まがいのものが多いですが、それでも稼げるものは稼げます。

    情報が全てです。

    以前の私のように、言われるままお金を出していって被害に遭う方を減らしたいと考え情報の共有する活動をはじめました。

    • 理想の副業が見つからない
    • 悪質な副業に騙される

    上記のようなお悩みを抱えている方は、ぜひ私のLINEに友達登録いただき繋がっておいてください。

    副業マイスターを自負するようになった経緯は「プロフィール」をご覧いただきたいですが、それだけ副業に関する情報はもっています。

    悪質な副業か調べてほしい、今すぐ利益が出せる副業がほしい、そもそもこれから副業を始めたいけど不安だ、スマホしか持っていない…など、どのような相談にも"必ず"個別にアドバイスさせていただきます。

    苦しんだ経験があるからこそ、同じ思いを他の誰にもしてほしくはありません。

    もし情報が不要だと思えばブロックはいつでも可能、友達登録はどうぞお気軽に!

    力にならせていただきます。

    友達追加する

    副業の悩みお気軽にご相談下さい。おすすめ優良副業案件情報などお得な情報も配信しています!

    ABOUT ME
    タカハシケンジ
    タカハシケンジ
    副業マイスター
    片手間の副業で月収300万円を達成した現役サラリーマン。副業マイスターを自負するほど、数々の副業を調査し試しもしてきた経験と実績があります。安全に稼げる副業を知りたい方はもちろん、危険な副業の調査まで、どんな些細な事でもLINEからご相談下さい!
    error: クリックできません。
    記事URLをコピーしました