12月14日(土)クリスマス会《聖劇》

ご来園いただき、ありがとうございました。子ども達の姿を通して「クリスマス」を感じていただけた事と思います。

神さまは、太陽、月、星、花、鳥、魚、動物、様々なものを人間のために創ってくださいました。
「天地 はじめのうた」を歌いました。
アダムとエバは、神さまとの約束をやぶってしまいました。 優しい神さまは、救いい主をおくってくださる事を約束してくださいました。
マリアとヨセフは、人口調査のために旅に出なけれなりません。
最初に羊飼い達に 救い主が誕生が伝えられました。
博士達は、星に導かれて長い旅を続けています。
馬小屋でイエス様がお生まれになりました。
羊飼いは、毛布とたまごを
博士は、黄金、没薬、乳香をイエス様に捧げます。
飼い葉桶は、子ども達が待降節中に捧げたわらでふかふかになりました。
「赤鼻のトナカイ」「サンタが町にやってくる」「しずかなクリスマス」の3曲を歌いました。

子ども達は、遊戯や台詞、動きなど一生懸命練習を重ねて皆様にご覧頂きました。子ども達の成長を感じて頂けたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。